原材料に注意


キャットフードを購入する際には穀物の使用率やお肉の量などと共に、原材料名にもしっかりと注意を払うようにしましょう。原材料に質の悪いものを使用している安いキャットフードもあり、下痢の原因になってしまう可能性もあるのです。穀物の量も注意したいところですが、肉と添加物の部分もしっかりとチェックしましょう。この原材料の部分に「副産物」とか「ミール」「パウダー粉」という表記がある場合には注意が必要です。これは人間が食べられないような品質のお肉を溶かして、他のものと混ぜたりして作られているものです。

品質の悪い肉というのは例えば殺処分にされた家畜や病死した家畜の肉などの可能性もあります。聞いただけでも愛猫に食べさせたくないと感じてしまいます。ほかにも添加物に注意したいと思います。香料や塩、保存料が着色料が含まれているキャットフードは避けたほうが良いでしょう。本来新鮮なお肉や魚を使用して作られているキャットフードは添加物などいれなくても猫が喜んで食いつくはずですので、添加物が入っているということは素材だけで猫が食いつかないような代物という可能性が高いです。家族同然、猫ちゃんの健康のために原材料には十分注意が必要です。

Comments have been closed/disabled for this content.