穀物不使用のフード


近年人気のキャットフードの一つが穀物不使用のキャットフードです。いわゆるグレインフリーと呼ばれる類のものですが、穀物不使用のものにはメリットがあります。まず消化不良を避けられるという点です。穀物が多く含まれているキャットフードは価格も安いかもしれませんが、肉食動物である猫にとっては消化がしにくく胃腸に負担がかかってしまうのです。かさ増しのために穀物類が多く用いられている激安キャットフードなどもあるので注意が必要です。そして穀物類が多く含まれているキャットフードの場合糖分も多くなってしまうので、糖質の過剰摂取にもつながりかねません。

グレインフリーのキャットフードは穀物で、かさ増ししていないのでお肉や魚がしっかりと含まれているキャットフードということになります。動物性タンパク質がしっかり取れるそうした食事をしていると肉食の猫たちにとっては栄養分豊かな食事となります。そうした動物性の脂肪分を中心に摂ったとしても、基礎代謝がいい猫たちはきちんとエネルギーに変換できるので安心です。不要な内臓系、胃腸系の負担を避け、エネルギー源を確保するうえでも穀物不使用のグレインフリーキャットフードを選ぶようにしましょう。

Comments have been closed/disabled for this content.